タベルナを利用するには

●最初に利用するときは、申込書に氏名などを書いて受付に提出してください。

●申込書を書いたくれた子どもには後日、登録証を郵送します。

●次回から《タベルナ》に来るときは、受付で登録証を見せてください。

●《タベルナ》利用の受付は11時30分からです。12時45分に受付は終了します。

●食事はお弁当100人分を用意して、受けつけた先着順で12時から配付します。

●配付は午後1時までですが、その前に100人になったらお弁当の配付は終了します。

●食べたり勉強する部屋はありますが、あまり広くありません。天気がよければ、ほっとパークの公園で食べることもできます。また、家に持ち帰ってもかまいません。

●持ち帰る人は、お弁当をもらうときに「持ち帰ります」といってください。

●食べ終わっても、午後3時までなら会場やほっとパークで遊ぶことができます。

●午後2時半ごろに【おやつ】もありますよ。どんなおやつかはお楽しみに。

タベルナ登録証

●登録証は利用時には必ず受付に提示してください。

●登録証は必ず本人が持参してください。

●本人が来ないで保護者などの代理人が持参してもタベルナは利用できません。

●登録証の有効期限は毎年3月31日までです。

●新しい年度からは新しい登録証を発行します。

もちもの

●水筒をを持ってきましょう。中味がなくなったら飲み物はスタッフにえんりょしないで補充してもらいましょう。(お弁当を持ち帰る人は水筒は必要ありません)

●遊びたい道具や宿題を持って来るのもかまいません。スタッフも一緒にお手伝いしますよ。 

2回目からタベルナにくるときは、郵送されてくる登録証を忘れずに。

注意してほしいこと

●帰るときには、受付に必ず「帰ります」といってください。

●新型コロナウイルス感染防止のために、マスクをしましょう。検温、手指の消毒も。

  ●食物アレルギーのある子どもには食事の提供はできません。

保護者への昼食提供

●昼食の提供数に余裕がある場合には、同伴する保護者にも提供します。

●ただし、子ども1名につき保護者1名までとします。

●保護者への提供は有料となります。1人、200円以上のご寄付を募金箱に入れてください。

保護者のみなさまへ

●子ども食堂タベルナでは安心して参加してもらえるように、茨城県県民運動保険に加入します。なお、参加者に保険料の負担はありません。

●利用者のみなさまの個人情報は、子ども食堂タベルナの管理と運営のためにだけ使い、他者への情報提供等は一切しませんが、主催者が行う事業の報告や案内が届くことがあることをご理解ください。

●現在のところ、食物アレルギーには非対応ですが、今後はアレルギー対応を考えていきたいと思いますので、ご希望のある方はご意見をお寄せください。